ナツの釣りとかおもふ事とか。

ナツの釣りとかおもふ事とか。

釣りにいきたいぞ。

フカセ20191103

f:id:natsu05110919:20191103220555j:plain

 

お久しぶりの釣行。

 

今日は朝6時に会社の先輩と近くのローソンで待ち合わせ。

潮は小潮。満潮が3時5分、干潮17時18分。日の出6時32分の予報。

 

フカセ釣り、朝間詰め狙いデス。

 

・・・ しかしフカセは荷物多くなりますよね。

ハスラーがパンパン 笑

 

移動がしんどい。

 

釣りに行くまでが一番ワクワクするんだけど。

 

 

この日、私の狙いはチヌ。

先日行った磯で先客の方がカゴ釣りでチヌのいいサイズを釣っておられた。

 

・・・ 真似してみようかと!

 

仕掛けはこの時に教えて頂いた。

釣り場でのこういう出会いっていいですよね。親切な方でした。

 

 

先輩と合流して目的の磯場へ。

ローソンでコーヒーを奢って頂きました!

優しい先輩デス。

 

 

 

f:id:natsu05110919:20191103222546j:plain

 

早速仕掛け作り。

いい雰囲気デス。

 

チヌ狙いという事でチヌ針7号からスタート!

 

まずは半誘導。

 

ここは足元に少し浅瀬があるけどそのすぐ先は急に深くなっている。

深くなっているといっても約3ヒロ。

ウキ下は2ヒロから試してみる。

 

・・・ 何も以上なし 涙

 

たまーにチャリゴが釣れる程度。

潮は動いている。悪くはない、と思う。

 

ウーム、そろそろ試してみるか。アレを。

 

タルカゴに変更。

 

相変わらずハリはチヌ7号。

 

流石に飛びますなー

 

竿は磯竿の1.5号なんだけど、タルカゴは小さめのやつなので充分対応していける。

 

・・・ が釣れない。

 

 

先輩はグレ狙いで、こちらも今のところチャリゴやフグ、ベラが釣れている。

小さいサイズはリリースで。

 

私もグレ狙いで針小さくしてみようかな。

という事でグレ用の針に。

仕掛けも半誘導に戻しました。

 

・・・

 

・・・

 

おー

 

釣れた。

 

釣れたけどやっぱりチャリゴやフグ 涙

 

フグの25cm位のも釣れた。

 

・・・ イラネ。

 

その後もフグにハリスを噛み切られたりする始末。

 

餌とりも多い。

 

今日は苦戦するかも 汗

 

 

何て思っていたらベラがヒット。

 

20cm位か・・・ まー 一応キープしておこうかな。

唐揚げにすると美味デス。

 

先輩の方でグレがヒット!

こちらも20cm位!

 

その後もベラや、やっぱりフグが釣れていた。

フグ多すぎ・・・

 

 

色々ポイントも移動してみるけど中々釣果につながらず。

 

この辺りは大体瀬の位置とか把握してるので、深いと思われる棚ばかりを探っていたけど、少し浅めの棚にも投げてみる事に。

 

・・・

 

お、

 

きたっ!

 

こいつは引くぜ!!

 

ん? バレた??

 

お、やっぱりいる! 期待出来る!!

 

 

 

f:id:natsu05110919:20191103225440j:plain

 

やったぜ!

過去最高のグレです。

だが惜しいかな、30cmまであと1cm 涙

 

けど満足デス。

 

調子に乗って同じところに投げてみるも後はベラ祭りのみ。

 

小さいサイズはリリースで。

 

 

釣れない時は色々やってみる。

勉強になります 笑

 

けどいつかチヌも釣りたい。

今度は釣りますよ!

 

 

 

f:id:natsu05110919:20191103225914j:plain

 

小さいチャリゴは針を呑んでしまっているのでお持ち帰りで。

しかしベラってぱっと見熱帯魚っぽい。

ぬるぬるで苦手ですけど唐揚げは美味。

 

グレはお刺身で。

 

 

波とうねりの違い。

f:id:natsu05110919:20191014205054j:plain

 

ある日、ひやっとする体験をしました。

 

それは

 

うねり。

 

です。

 

今まであんまり意識した事なかったですが、記事にしておきます。

 

 

 

ある時、仕事がバタバタで、休日も天気が悪かったり町内の行事があったりで中々釣りに行けない日が続いていました。それでも何とか都合がつく日が出来、子供を親にお願いして行ってきました! 気分はウキウキ。久々だったし。心躍る。

 

天気は曇り。風は1~2m。条件は良い。

 

「よし、行くぞ!」

 

4時に起きて準備して、日の出までには現地に着きました。

 

・・・ ほぼ無風。波もなさそう。

 

この時は見下ろした感想。

磯場での釣りでした。

 

てくてく降りていくと案外波を被っている磯場。

 

? 上から見た時は何て事なかったと思ったんだけど・・・ ??

 

「おかしい。」

 

と思ったけれどそれ以上に釣りしたい気持ちが前に。

 

さらにてくてくいつものポイントへ歩いていく。

 

? 潮位がいつもよりだいぶん下がってる。

これから干潮に向かう下げ潮だけどそれにしては下がってるな。

 

と気にはなったけどやっぱり釣りしたい気持ちが前に出てしまい早速仕掛け作り。

 

辺りはまだ暗いのでヘッドライトを照らしながら。

 

時々足元まで波が打ち寄せてくる・・・

相変わらず海はそんなに波はたってないけど・・・

 

「まぁこれくらいなら大丈夫か。」

 

と思って仕掛け作りを続行。

 

と、その時、一際大きな波打ち音が。

 

「ザザーン!!」

 

長靴に海水が入る位の波が。

 

足元に置いてあったタオル2枚と偏光グラスがさらわれてしまいました。

水汲みバケツも流されそうになったけど何とかセーフ。

でも長靴は海水でベチョベチョ。

 

その時初めて

 

「これがうねりか・・・!」

 

と恐怖を感じました。

 

一見穏やかそうな海だけど、急に打ち寄せる波と引いていく波。

 

恐ろしい。

 

特に台風の後に起こりやすいとか。

 

 

流行る気持ちもありますが、安全確認を怠らずに。

今回の教訓でした。

 

 

 

振出竿のガイド替え。

f:id:natsu05110919:20190916222459j:plain

 

コチラ。

会社の先輩からの頂き物デス。

 

先輩曰く、縁起物の竿。

 

初代所有者の先輩の釣果は勿論、二代目所有者、現在の部長さん。

部長はこの竿で初めてフカセ釣りに行かれた際に、40cm位のグレを釣られたらしい。

私もこの竿を譲ってもらい、初めてフカセに連れて行ってもらった時に、30cm超のグレが釣れました。何とも縁起のいい竿。

 

型は古くなってしまったが大切に使いたい。

そんな竿です。

 

私で三代目所有者デス。

 

 

・・・ 何だけど、いつからか、最初からか? ガイドが1つ外れていた。

 

思い立って修理する事に。

 

 

 

振出竿のガイド修理。

て訳で調べてみたところ、そんなに難しくはなさそう。

 

まずはガイドをはめた時に、緩すぎず、きつ過ぎずならないようにカッターで削っていきます。

 

 

ゴリゴリゴリ・・・

 

 

ウム、もうちょいか。

と何回もはめてみて、確認しながら削っていきます。緩すぎるのはダメ。

 

丁度がっちりはまるようになってきたら今度は接着。

この時に接着面に削りカスなど残ってないように綺麗にしておく。

 

接着剤はエポキシ系などのがっつりくっつくのはNG。

何故かというと2番、3番などの継番の修理が必要になった時に、ガイドを外す必要がある場合があるからです。外す時にしんどくなってしまう・・・

 

私が使ったのはゼリータイプのもの。

 

こちらで接着。

 

くっつけた時にはみ出てしまった箇所を爪楊枝でふきとり。

 

中々上手く出来たかな。

f:id:natsu05110919:20190916230413j:plain

 

・・・ 愛着湧きマス。

 

成功と言っていいでしょう。

 

 

 

そういえば先日久々の釣行に行った際に、後からきた方と少しお話してました。

 

その方はたるかご釣り。

私も興味あったので挨拶をしてから仕掛けを教えてもらってた。

釣り場でのこういうつながりは大切にしていきたいですね。

 

この竿、1.5号の磯竿なんだけどこれでもたるかごの軽めのだったらいけるみたい。

 

今度行ってみますかね。

 

 

因みにコレデス。

f:id:natsu05110919:20190916231219j:plain

大事にしていきます!

 

 

 

サビキ釣りのコツ。

f:id:natsu05110919:20190821211741j:plain

サビキ釣りのコツ!

先日はサビキで坊主だったりしましたがリベンジした際にけっこう釣れました! その時の事を記事にしてみました。

ファミリーフィッシングの定番、キス釣りかサビキでアジか。

参考になれば幸いデス。

 

 

 

狙いはアジゴ。豆アジとも言われています。

この時は友人と一緒に夜釣りに行きました。

 

場所は漁港。

常夜灯がある箇所での釣り。この時は大潮。時間は午後8時から11時位まで。

風は西風。私達にとってはおし風でした。条件は良し。

 

午後7時半。

 

現場に到着して見回すと、

 

私「ぉ、何か跳ねてる。アジかな? 何か捕食者がいるのかも。」

 

と期待大。

前回下見に来た時はスズキが見えたのでそれかも。

 

・・・ ならばとりあえずジグだ。

 

という訳で投げてみる。

 

が異常ナシ。反応ナシ。

 

その内友人もきたのでサビキを。

 

その友人は下関にいた事もあってか、アジング一筋らしい。

ひたすらアジングをしてた、って言ってた。この日もアジングの装備。

 

最初、私は適当に投げてあたりを待っていた。

 

アジゴの回遊も確認出来たし、まあまあの数を目視出来た。

適当でも釣れるかな、と思ってました。

 

だが思ったより釣れない。

釣れる事は釣れるんだけど渋い。もっとガツガツ釣れるかと思ってました。

 

と、友人からのアドバイス

あと仕掛けをもらったりしました。

 

その時の内容はコチラ。

 

 

 

f:id:natsu05110919:20190821214544p:plain

針数は多く。そして棚を広くとる。

 

これを見てもらえれば一目瞭然なんですが、一応説明を。

 

図の①はこれまでやってた私の釣り。

釣り具屋さんで一番安かったサビキ用の3本針。の3コパック 笑

アジ、青物は特に回遊性が高く、同じ場所にずっとはいません。

深い棚にいる時もあれば浅いところ、目に見えるところにいる場合もある。

場所も移動したりします。

①図の場合はアジがいる棚まで届いていません。深く落とせばいいですが効率が悪い。

何より見えない棚となると探るのにも時間がかかります。

 

図の②は友人からもらった仕掛け。

図では底までの棚を網羅しています。

アジがどの棚にいてもコマセと針があればかかってくれます。

かなり効率がいい。

反応がなければ場所を移動して探ってみます。

 

 

 

f:id:natsu05110919:20190821215933p:plain

サビキの仕掛けは投げない。

 

これも図を見てもらうと一目瞭然。

図の①は遠くのポイントを探ろうとして投げてます。

ウキが付いているウキサビキならいいですが・・・

 

遠くを投げても結局足元に重りがついたカゴが戻ってきます。

なので途中でコマセがばら撒かれる訳です。

んで足元に戻った時にはコマセはそこにはない。

 

図の②。

こちらは最初から足元に落としています。

コマセが丁度針と同調します。

図で見ると分かりやすいです。

 

これらが友人からアドバイスしてもらったコツです。

 

聞けば納得ですが聞かないと気付かない事もあるものです。

 

これからサビキ釣りをしようと思っておられる方はこれらの事を意識してみて下さい。釣果がまるでかわってくると思います。

 

因みに10㎝前後のアジゴであれば針のサイズは0.5から2号位までがいいでしょう。

アジのあごは弱く、強く合わせるとあごから外れてしまう事があります。

 

当たりがあったら少し引っ掛ける位の強さで大丈夫です。

 

 

 

f:id:natsu05110919:20190821222418j:plain

 

この日の釣果。

大きいので約12㎝程度です。

 

 

 

f:id:natsu05110919:20190821222819j:plain

唐揚げにしました。

 

まさに美味。

ビールと合います。

釣るのも楽しいですが調理して美味しく頂くのも釣りの醍醐味と思っております。

 

良い釣りライフを。

 

 

 

ブログを始めるならおすすめ。コチラ。

激渋な3日間。

釣りにおいて坊主はつきもの。

それは分かっていても悔しいものです。

 

周りで釣れていたら尚更。

 

今回はそんなお話デス。涙。

 

 

 

先頃まで仕事に追われていた私の会社。

毎日8時、9時、10時に帰る日々が続いていました。

 

盆前になるとそれも落ち着き、ほぼ毎日が定時で帰れるように。

 

 

先輩「帰りに釣りにいけるね。」

 

私「ですね。久々に行ってみましょう!」

 

 

という訳で近くの漁港へ。

 

この日は私と先輩2人の3人で。

 

先輩2人はアジング。私は根魚。

 

ここの漁港はフカセではグレ、春、秋はアオリも釣れる。

私も何度もお世話になってマス。

 

・・・ 釣れそうな予感。

 

などと思っていると早速先輩が釣っておられる。

マハタカサゴ、ベラ、アジ。

何種目も。

羨ましい。

 

私は根を探ってみる。

クロー系のワームのハサミがちぎられていたり、当たりも何回かある。

期待は出来る!

が釣果はなし。釣れそうで釣れない。

 

途中で先輩方がやっておられたアジングの竿に切り替えてやってみるも何もなし。

 

・・・ 私だけ何も釣れん。

 

まぁ、こんな日もあるさ。

 

・・・・ 夕日が綺麗であった。

 

今日はそれで良しとしよう。

f:id:natsu05110919:20190813213300j:plain

 

 

 

そして次の日。

 

先輩「今日も定時予定。今日は別の場所へ行ってみよう」

 

私「はい! 今日は釣りたいですね~」

 

て訳で別の漁港へ。

 

今日はもう1人の先輩と4人で。

 

先輩2人はパワーイソメでのキス釣り。

 

私ともう1人の先輩はライトなアジングで。

 

夕まづめ。

 

周りはサビキで釣果をあげておられる。

 

いける。魚はいる。アジいる。今日こそは釣る。釣れる。・・・ ハズ。

 

 

だが釣れない。ポイントをかえてやってみるも何もなし。異常ナシデス。

 

先輩も一緒。

 

暗くなってきたのでキス釣りをやっておられる先輩方の元へ。

 

 

私「釣れてますかー 我々は坊主です。(涙)」

 

先輩「キスが何匹か釣れたよ。いいだろ。」

 

なぬ。

 

いいな。

 

・・・ (早く帰りたいな) ← (クズデス。)

 

 

・・・ 2日目も坊主か。しかし当たりもなかったな。

 

・・・ 今日も夕日が綺麗でした。

f:id:natsu05110919:20190813214724j:plain

 

 

 

・・・ 次の日。

 

私「今日も行ってみましょう!」

 

て訳で又別の漁港へ。

 

今日は先輩と私の2人。

 

ここは実績もある場所。

ここで31cmのキジハタ(ここら辺では赤水といいマス。)が釣れている!

他にも20cm位のアジとか。期待出来る。

 

最初はテキサスリグ、クロー系のワーム、他にも色々。

 

当たりはあるがのらない。

 

その内にメタルジグに切り替える。

 

誘い方をかえてみながら色々試してみる。

 

・・・

 

・・・ ぉ。

 

しゃキター!!

 

あまり大きくはないが青物っぽい。

 

マキマキマキマキマキマキマキマキ。

 

私「先輩やっと釣れましたわー 型は小さいけどのりましたわ!」

 

先輩「おー やったなー 俺は小さいアジとかしか釣れんわ。」

 

私「でも私も型は期待出来ません 笑」

 

先輩「でも釣れて良かったな。」

 

私「はい。安心しました 笑」

 

・・・ ポチャ。

 

私「ぁ」

 

足元でバレた。

 

先輩「・・・」

 

私「・・・」

 

・・・

 

・・・

 

・・・・・

 

 

気を取り直して次へ。

 

その後 ゴンッ という当たりが。

のらなかったけど大きめな魚影を確認。スズキかな?

すぐに潜っていったけど。

悔しい。

 

先輩「・・・ お前の気が済むまでやっていいで。」

 

私「・・・ 帰りますか。」

 

 

という3日間でした。

 

もう少しで坊主も逃れられた感はあったんだけど・・・ 残念。

 

 

ところで各漁港でアオリの新子を確認。

まだ5cm位の大きさだけど秋が楽しみです。

コウイカも浮いてた。

 

お盆があけたらもう少し根魚を追いかけて、フカセをやりながら秋アオリなど出来たらいいかな。釣果アップしたいですね。

 

 

3日目も相変わらず夕日が綺麗でしたがそれよりガッカリ感の方が大きかったです 涙

サビキで坊主 涙。

f:id:natsu05110919:20190728221924j:plain

 

「今夜はアジの南蛮漬けだ!」

って言って出掛けてきました。

 

ほんとは4時に起きて5時位から釣れたらいいかな、と思ってましたが前日に中々眠れず深酒。4時に起きても二日酔い状態。なので半ば諦めつつも1時半位にやっと就寝。

起きたのは7時でした 汗

 

携帯を見たら会社の先輩からラインが。

 

「どこでやっとる?」

 

6時に連絡がきている・・・ いかん。急いで支度せんと。

 

て訳であらかた前日に準備はしていたので確認だけしてすぐ出発。

 

 

8時に現地に到着。先輩もおられた。

 

先輩はキス釣り。チョイ投げ。

 

私はサビキ。

 

少し話をしてスタート。

 

 

 

久々のサビキ。

今日はチューブタイプの餌でやってみようかと。

 

写真にもあるけど「アミ姫」で。

 

仕掛けはウキサビキ。ちょっと飛ばしたい気分でした。

カゴにはしっかりと別針を装備。刺餌は生沖アミ。

 

「ふっ 釣ったる。あわよくば良型のサバでも釣れんだろうか。スズキとか。」

 

何て思ってました。

 

 

 

いざ実釣。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

んんん~??

 

ピクリともせん。

 

当たりも感じません。

 

おかしいなー?

 

絶対釣れると思ったになー??

 

一旦引き揚げる。

 

するとかごにまだ餌が残ってる。

 

何故だ・・・

 

足元に落としてみるとあんまり餌が広がらない。

 

かごの底の方にはりついて散らないみたい。

 

思い当たる事と言えば、灼熱の車の中に何日か放置してた時があったからかな。

ならば仕方がない。私のせいだ。

その後サビキ針に直接沖アミ付けたり、アミ姫を撒餌に使ったりしたけど効果なし。

アジゴは寄ってくるけど針にはかからない。

 

横で先輩はアオハタやら20cm位のベラを釣っておられる。

狙いのキスはまだみたいだけど・・・

 

「お前もチョイ投げするか? 仕掛けやるで。」

 

じゃお言葉に甘えマスー

 

という事でアミ姫もなくなったのでサビキは終了。

 

チョイ投げにシフト!

 

私も釣る! 何かしら釣る!! 坊主はイヤー

 

早速セット!

 

この日は磯竿しか持ってこなかったのでそのまま仕掛けだけ変更。

よし、やっちゃる。

 

一投目は根掛かりっぽかったけど何とか回収。焦る 汗

 

二投目はもう少し投げようと思って力を入れる。

 

シャー・・・ ・・・ ・・・ アァー・・・

f:id:natsu05110919:20190728231727j:plain

 

全て飛んでいってしまった・・・

 

道糸ごと。仕掛けごと。

 

チョイ投げはわずか二投で終了。この日は丸坊主でした 涙

・・・ 次は何釣りしようかな(遠い目)

釣りに便利なアプリ。釣りの結び方。

f:id:natsu05110919:20190715144757p:plain

 

こちら。

 

釣りの結び方。

 

たまに広告が入りますが・・・ 無料です!

色々な結び方が調べられるので勉強になります。

良く使う「電車結び」や「クリンチノット」。他にも沢山。

 

少し残念なのは「FGノット」がのっていない事です 涙

 

しかし色々な結び方が掲載されているのでおすすめ。

新しい発見があるかもです!

 

解説も分かりやすく丁寧にイラスト付きでのってます。

f:id:natsu05110919:20190715145222p:plain

 

聞いた事もない結び方もあります 汗

 

この中から「クリンチノット」を少しご紹介。

良く使うノットなので分かりやすいと思います。

f:id:natsu05110919:20190715145410p:plain

 

まず完成系の図。

ここから順を追って解説されています。

f:id:natsu05110919:20190715145507p:plain

 

f:id:natsu05110919:20190715145522p:plain

 

f:id:natsu05110919:20190715145535p:plain

 

てな感じ。

分かりやすい。

釣り場でど忘れしてしまったり、もっと簡単なノットがないか探してみるのもいいと思います。

 

 

 

釣り場ではお気まりのノットに結局なっちゃう事がほとんどかもしれませんが 笑